仕事の効率を上げる色

さて、色は私たちが思っている以上に様々な効果があり、私たちの生活に影響を与えてくれていることがお分かりいただけたかと思います。ここではもう一つの色の効果を挙げておきます。色の持つ心理効果です。色によって私たちはいろいろなことを思い、時には行動をします。食べ物がおいしそうにみえる、店の雰囲気がよく見える、どれも心に語りかけているのです。この心理効果を上手く使えば人に良いイメージを与えられるのです。具体的に見ていきましょう。赤は元気、愛情、激情、怒りのなどのイメージカラー。

見ていると、気持ちが上向きになる効果があります。黄色は明るい、子供っぽい、元気などのイメージカラー。その際立つ明るさから、注意を喚起する道路標識にも使用されています。

この両色を混ぜたオレンジは活発、暖かい、若い、親しみやすいなどのイメージ。赤とともに食欲増進に効果があり、飲食店ではよく使用されています。紫はセクシー、高貴、大人、神秘的のイメージ。お坊さんや占い師の方がよく使用しています。緑は自然、安心、休息、平和のイメージ。

まさに、大自然を思わすカラーで心を落ち着かせてくれます。青は冷たい、知的、孤独、さわやかなどのイメージ。男性をイメージさせる色でもあります。黒は暗い、不安、高級、絶望、死などを表すイメージ。どの色と混ぜても全く影響を受けず色を保つかなり強い色です。白は純潔、清らか、神聖などのイメージ。ほんの少しでも違う色を混ぜるとその白さを保てないくらい弱い色です。白いということは、周りの影響を一切受けていないという意味もありますね。その黒と白を混ぜた灰色は不安、消極的、曖昧などのイメージ。

どっちつかずな色ですがそのためか、服としてはどの色とも合わせやすい色です。最後にピンク。女性、優しい、ロマンチックなど、やわらかいイメージの色です。女性向けのショップではよく使われる色ですね。このような心理効果を私たち自身も上手く使っていけば、魅せたい自分を上手く表現できるはずですよ。

最近では、思いつきでネットサービスを始めて、それが当たりファーストムーバーズアドバンテージの恩恵に与るIT企業も多いですね。
しかし、いくら早くてもサービスの質が悪ければ本末転倒なので、そこはしっかりと煮詰めないといけないところですね。ちなみに、弊社のSEO対策サービスであるスピードSEOは、短期間で検索結果の上位に表示させることが強みのSEOですので、ビジネスチャンスを逃しませんよ。ファーストムーバーズアドバンテージを目指す企業様、お力になりますよ。今日は「サイトマップ とSEO対策」サイトマップというのは目に耳にした事があると思います。サイトマップとは、サイト内のページの構成の一覧、案内ページの事です。目次だと思えばいいでしょうか?

離婚をした後に、子どもに離婚をしたことを話す時には、最新の注意が必要になってきます。子供どもにとっては、どちらも自分の大好きな親であり、その親から生まれてきたのですから、子どもを傷つけないために、相手の事を話す時にはとても注意が必要なのです。あなたは相手の事をどのように話しますか?ここで、どちらかが悪くて離婚をした。と子どもに話をすれば、将来的に子どもの心に大きな傷をつけてしまうかもしれません。もし、自分の親に、あなたの父親はろくでなしで、最低な人間だったと言われたらどう思いますか?それが思春期になるころには、私には、ろくでなしのDNAが流れているんだ。と思ってしまったり、最低な人間の子どもなのだ。と卑屈になることだってあるのです。また、嫌いになって別れた。というのも、あまりよくありません。嫌いな相手の子どもだから、私を邪険にするんだ。相手に似ているから、可愛がられてないんだ。と思ってしまうのです。子どもの為に、悪口は言わないでおきましょう。

インテリアに興味関心もあるでしょう。 大阪で鏡販売ユーアーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です