退職社員の競業避止義務

色と上手く付き合っていけば、日常生活もすこし変わっていきます。そう、色には人間の行動にも影響を与える力があるのです。といっても、ずば抜けてすごい効果が期待できる訳ではありませんよ。なにもしないよりはいい、効果があるということです。ここでは社会人のみなさんには知っていて欲しい、効率を上げてくれる色をご紹介したいと思います。何色だと思いますか。力や勇気を与えてくれる赤?やる気に満ちた黄色?いえいえ、違います。その色はベージュです。ベージュは薄い赤茶色のこと。

もともとは漂白も染色もしていない、そのままの羊の毛のような色を指していたそうです。このベージュという色、緊張を和らげる効果があり、安心感や心にほっこりとした暖かさを与えてくれる色なんです。つまりは、心も体も落ち着いた状態で仕事に打ち込めるということなんです。ベージュは肌の色や木の色などを想像させる色。人にとってとても安心できる色、という訳なんです。仕事場がベージュの壁や床などでしたら一番いいのですがなかなかそうはいきませんよね。なので、インテリアや自分の仕事机などの小物などにベージュ色のものを置くといいですよ。次にご紹介するのは青色。

青色にも心を落ち着かせる効果があり、集中力をアップさせる効果があります。ですが、使用のしすぎは厳禁。鎮静効果でやる気が削がれてしまうことがあります。やる気がなくなってと感じたら、赤や黄などでやる気を復活させましょう。疲れたときには無理せず休息を。脳の興奮を抑え、心に安心感を与え疲れを取ってくれる緑色を見ましょう。自然の木々や植物がいいですね。近くに公園などがあったらそこで休憩をするのが一番です。

このように、場面場面で使う色を変えると仕事の王立はいつもより上がっているはずですよ。試してみてください。

出張だとホテルや寝泊りが不安。マンスリーレオパレスなんかもCMやってますので、いいかも。

退職社員の競業避止義務

原則、退職後は労働者に職業選択の自由があり一般的に競業避止義務を負うものではありません。 ただし、競業避止契約書や就業規則などの特約で競業避止義務を定めていた場合には例外的に、競業避止義務を負います。原則、退職後は労働者に職業選択の自由があり一般的に競業避止義務を負うものではありません。 ただし、競業避止契約書や就業規則などの特約で競業避止義務を定めていた場合には例外的に、競業避止義務を負います。 その際には、自分の同業他社への就職又は開業が会社に対する背信的な行為になっていないかを慎重に吟味します。 背信性は大きな要素で、客観的な要素である行為と主観要素も同じく吟味検討すべき項目になります。

・例えば、同僚部下の引き抜き、顧客の引き抜きなどを行なっていないかどうか?
・在職中に関わった企業秘密の内容をそのまま用いているのかどうか? 
・その企業秘密に携わっていた期間の長さはどうか?
・競業行為が前仕事と密接に関連していないかどうか?
・秘密に携わり用いることで不当な利益や報酬を得ていたかどうか? 
などから総合考慮されます。

不動産担保ローン・不動産担保融資の株式会社産興社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です